あさひ脳神経内科精神科クリニックあさひ脳神経内科精神科クリニック

相鉄線「二俣川駅」
直結!
二俣川駅南口駅前コプレ二俣川7Fで
診療を行う
内科・脳神経内科、
心療内科、精神科クリニックです。

内科

Internal medicine

内科
Internal medicine

一般内科の診療

咳、発熱、インフルエンザ、肺炎、糖尿病、高血圧、脂質異常症、貧血、高尿酸血症、痛風、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、不整脈、動脈硬化など内科一般の診察を行います。ここでは代表的な疾患を簡単にご説明します。

風邪

風邪を引いた女性

鼻や喉に感染がおこり炎症を起こします。症状は、咳、鼻水、鼻づまり、軽いのどの痛みや発熱等で、原因の9割以上がウイルスによるものです。また、しっかり治さないとその後、気管支炎や肺炎に進行する場合もありますので、治ったと思って無理をせず、しっかり完治するまで来院されることをおすすめします。熱を含めた症状の経過をしっかり観察することが大切です。

インフルエンザ

インフルエンザ

インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。インフルエンザに感染すると、1~5日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。風邪よりも急激に発症し、症状が重いことが特徴です。

健康な人であれば、その症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。子供やご高齢の方は気管支炎や肺炎などの合併症を発症しやすく、重症化すると脳炎や心不全になる場合もあります。インフルエンザウイルスには強力な感染力があり、いったん流行すると、年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がります。二次感染、合併症の予防のために、できるだけ早く受診することが大切です。

高血圧

高血圧

血圧が高い状態が続くことで血管の壁に圧力がかかり、その結果、血管を傷めて次第に血管が硬くなり動脈硬化へとつながります。

高血圧の原因は特定されていませんが、遺伝的要因と食生活(塩分の高い食事)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、または運動不足や精神的なストレスなどの環境的要因が重なって引き起こされると考えられています。適切な血圧管理を行うことで脳出血、脳梗塞や心筋梗塞といった病気への進展を予防することが重要となります。

脂質異常症

脂質異常症

血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多い為に引き起こされる疾患です。これらの余分な脂質は、動脈の壁にくっついて血管を硬く狭くし、いずれ動脈硬化を引き起こします。コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、善玉コレステロールは細胞内や血管内の余分な脂質を肝臓に戻す働きがある為、悪玉コレステロールを減らすことに役立っています。脂質異常症の主な原因は食生活(カロリー過多)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、運動不足、遺伝などが考えられます。脳梗塞や心筋梗塞といった病気の危険なリスクとして有名です。家族性の脂質異常症も多く、食事・運動療法だけでは正常化することが困難なことがあります。脳梗塞や心筋梗塞等の病気への進展を予防することが重要となります。

糖尿病

糖尿病

血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高くなる病気です。人体は、たくさんの細胞から成り立っていますが、この細胞が働く為のエネルギー源がブドウ糖です。膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが、血液中のブドウ糖を細胞の中に取り入れる役割を果たしています。しかし、このインスリンの量が不足したり、働きが悪くなったりすると、ブドウ糖が細胞内に取り込まれなくなり、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高くなってしまうのです。

血糖が高いということは、体の細胞にエネルギーであるブドウ糖が十分に補給されず、そのため全身の細胞の働きが悪くなります。のどが渇く、尿が多い、傷が治りにくい、感染症にかかりやすい、疲れやすい、集中できないなどの症状が表れます。重篤化すると意識障害も呈することがあります。長期間罹患していると合併症(糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症・糖尿病性末梢神経障害)を引き起こす場合があります。症状が出る前に適切な食事療法・運動療法を行い、必要に応じて薬物療法を行うことが重要となります。脳梗塞や心筋梗塞等の病気への進展を予防することが重要となります。

高尿酸血症(痛風)

痛風

体の中で作られた尿酸のうち、約80%は腎臓から尿のなかに溶けた状態で外に出されます。しかし、この外に出す機能が少なかったり、体のなかで尿酸がつくられすぎてしまったり、あるいはその両方が起こると血液中に尿酸が増えてきます。血液中の尿酸が正常値を超えて高くなった状態が高尿酸血症と言います。高尿酸血症の状態がある程度長くなると、尿酸は尿酸塩という結晶の形になって、関節や腎臓などに蓄積します。尿酸塩が関節に沈着することによって急性の関節炎を起こす病気が痛風です。親指の痛みが特徴的な症状と言われております。急性発作の治療はもちろんのこと、尿酸値を下げる治療を行うことが重要になります。

アレルギー性鼻炎・花粉症

止まらない鼻水、鼻づまり、くしゃみの三大症状で有名です。メカニズムとしては、次のようなことが起こっています。ほこりやスギ花粉などの抗原(=アレルゲン)が鼻の粘膜に付着すると、その抗原だけに反応するIgE抗体という物質が作られます。このIgE抗体がアレルギーを起こす細胞の表面に結合します。抗原が内部に侵入すると反応が起こり、種々の化学伝達物質が放出されます。

花粉症の女性
<代表的な植物>
  • 春:スギ、ヒノキ
  • 夏:シラカバ、イネ
  • 秋:ブタクサ、ヨモギ、カナムグラ
  • 冬:スギ

気管支喘息

喘息の男性

最近の調査では気管支喘息の患者さんは400万人を超えており、年々増加傾向です。過去に小児喘息の方の場合、成人になって再発するケースは3~4%といわれています。

喘息の発症要因として、たばこ、ダニ、ハウスダスト、花粉、ペットといったアレルゲンに加え、ここ最近では家屋構造の変化によるアレルゲンの増加、排気ガスや工場排煙などによる大気汚染、食品や住宅建材などの化学物質、長時間勤務による過労やストレスが増えたことなどが喘息を発症させる要因と考えられます。

喘息は、症状がないときも慢性的に気道に炎症が起きており、炎症がある気道に刺激が加わると、気道が狭くなり、痰などの分泌物が増えます。この状態が慢性化すると突然の咳き込みや呼吸をするたびにゼイゼイ、ヒューヒューといった音がする喘鳴(ぜんめい)、息苦しくなる、といった症状が起こります。発作は治療によって通常は数分から数時間でおさまりますが、激しい発作が長く続くと危険な状態になる場合もあり、入院が必要なこともあります。

動脈硬化

高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症といった生活習慣病の影響で動脈硬化は進みます。最終的には脳梗塞や心筋梗塞へ発展すると言われております。当院ではCAVIという検査で評価ができます。この検査では、あお向けに寝た状態で両腕・両足首の血圧と脈波を測定します。時間は5分程度で、血圧測定と同じ感覚でできる簡単な検査です。動脈の硬さ、動脈のつまり、血管年齢を測定することが可能です。ご興味のある方はご相談ください。

(C)Asahi Neurology and Internal Medicine / Psychiatry Clinic